生命保険in就職・転職

就職・転職:保険業界に関する最新のイベント情報をお届けします!


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

妊娠と失業保険の不思議な関係性とは? お得な生活情報!

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



妊娠と失業保険の不思議な関係性とは? お得な生活情報!


失業保険を受け取ったことはありますか。
今は不景気ですので、働きたいと思っていても働くことが出来ないという人もいるでしょう。
前の会社で雇用保険に加入していたのであれば、失業保険を受け取ることが出来るのです。


失業保険というのは、新しい仕事が決まるまで、もらえる金額や期間というのは決まっていますが、お金を受け取ることが出来るというシステムです。
私も仕事をしていて、雇用保険に加入していました。
そして、妊娠をしたので仕事を続けることが出来なくなり、仕事を辞めることになりました。


そこで、雇用保険に加入していたので、失業保険を受け取る手続きを行ったのです。
失業保険をもらうためには、ハローワークにいってちゃんと手続きを行わなくてはいけません。
何もせずにただただ受け取ることは出来なのです。


その点はしっかりと理解しておかないといけませんね。
あと、人によってはすぐに失業保険を受け取ることが出来ないという人もいるのです。
私の理由は妊娠で仕事を辞めたということだったので、すぐに失業保険を受け取ることができませんでした。


この理由の場合は、受け取る期間が決まっているので、その期間を延長してもらう手続きをまず行う必要がありました。
少し難しい話になってくるので、ハローワークでしっかりと正しい説明を受けるのが一番だと思います。
しっかりと雇用保険を払ってきたのであれば、失業保険を受け取る資格がありますから、しっかりと手続きを行っていきましょう。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| 就職・転職の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

国民健康保険法について

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



国民健康保険法について


国民健康保険法というのをご存知でしょうか。
この国民健康保険法というものが制定されたのは、1938年のことだそうです。
この国民健康保険法というのは、何度か改定されていて、1961年に、全ての国民が保険に加入しないといけないという決まりが出来たそうです。


最初、この国民健康保険法が出来たときは、農業をしていたり、漁業をしている人を対象としていたのです。
しかし、今はそうではなく、すべての国民ということになっているのです。
ですので、就職をした会社では、そこで社会保険というものに加入してしっかりと納めていることだと思います。


もし、仕事をしていない状態になったのであれば、国民健康保険を払わなくてはいけないのです。
仕事を退職したときには、社会保険から国民健康保険に変える必要があるということですね。
国民健康保険になったら、いくら払わないといけないのだろうと不安に思っている人もいると思います。


社会保険料よりも、高くなるという話をチラっと聞いたことがあります。
だからこそ、不安に感じている人も多いのでしょう。
まずは、どのくらいの金額になるのかを調べてみないといけませんね。


この保険料なのですが、住んでいる地域によって違ってくるそうです。
国民健康保険法といいますが、国が行っているものではないのです。
地方でそれぞれ行っているものになるので、その料金の計算の仕方も違ってくるのです。


その点はしっかりと理解しておきましょう。
引っ越したときに、金額が変わったということであれば、そういうことなのでしょう。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| 就職・転職の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

国民健康保険法について

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



国民健康保険法について


国民健康保険法というのをご存知でしょうか。
この国民健康保険法というものが制定されたのは、1938年のことだそうです。
この国民健康保険法というのは、何度か改定されていて、1961年に、全ての国民が保険に加入しないといけないという決まりが出来たそうです。


最初、この国民健康保険法が出来たときは、農業をしていたり、漁業をしている人を対象としていたのです。
しかし、今はそうではなく、すべての国民ということになっているのです。
ですので、就職をした会社では、そこで社会保険というものに加入してしっかりと納めていることだと思います。


もし、仕事をしていない状態になったのであれば、国民健康保険を払わなくてはいけないのです。
仕事を退職したときには、社会保険から国民健康保険に変える必要があるということですね。
国民健康保険になったら、いくら払わないといけないのだろうと不安に思っている人もいると思います。


社会保険料よりも、高くなるという話をチラっと聞いたことがあります。
だからこそ、不安に感じている人も多いのでしょう。
まずは、どのくらいの金額になるのかを調べてみないといけませんね。


この保険料なのですが、住んでいる地域によって違ってくるそうです。
国民健康保険法といいますが、国が行っているものではないのです。
地方でそれぞれ行っているものになるので、その料金の計算の仕方も違ってくるのです。


その点はしっかりと理解しておきましょう。
引っ越したときに、金額が変わったということであれば、そういうことなのでしょう。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| 就職・転職の一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。