生命保険in生命保険の見直しと契約の注意点について

生命保険の見直しと契約の注意点について:保険業界に関する最新のイベント情報をお届けします!


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

生命保険の見直しと契約の注意点について

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



生命保険の見直しと契約の注意点

保険の見直し方法の一つに転換があります。
転換とは、すでに契約している生命保険の契約を解約して
その保険ですでに会社に積み立てられていたお金を
同じ会社の一時払い保険料として振り込むことで、この積立て金を転換価格といいます。

転換は生命保険の見直しや更新時期が迫っていたり
新商品がでてきたときなどの行います。

実際の転換価格は解約返戻金と積立ての配当金部分と
長期契約の特別な配当金が含まれます。

生命保険の転換のメリットは、現在加入している保険を解約して
新規契約するよりも有利になります。

生命保険の転換にはデメリットもあります。
保険料は転換時の年齢で再計算されるため、年齢が高くなる分保険料が割高になります。

また、終身保険部分の保険料は転換時の予定利率で保険料が再計算されるため
予定利率の高い時期に加入した保険は不利になります。

定期保険部分の保険料は死亡率や経費率が低下したものとして計算されることもあるので
その分保険料は安くなります。

状況によってどちらが得になるか変わってくるので
生命保険の見直しの際には転換以外の方法も頭にいれとかなければなりません。

転換でなくても保険の一部増額や減額で
見直しの対処ができることもあるのでよく考えましょう。

定期付終身保険の転換には3種類あります。
現在の契約の転換価格を転換後の契約のどこに充当させるかによってわかれています。

転換後に主契約の一時払保険料として充当する方法を基本転換方式と言い、
定期保険特約の一時払保険料として充当する方法を定期保険特約転換方式と言い、
主契約および定期保険特約の一時払保険料として充当する方法を比例転換方式といいます。

この違いはよく確認してから決めましょう。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| お得な情報の一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。