生命保険in都道府県民共済では!?

都道府県民共済では!?:保険業界に関する最新のイベント情報をお届けします!


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

都道府県民共済では!?

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



都道府県民共済では!?


共済は「毎年更新」の形をとっていますが、保険料が上がるわけではありません。
共済もモノより異なりますが、都道府県民共済では60歳まで同額掛け金で保障内容も同一です。
60歳から65歳では若干保障内容が少なくなります。65歳以降は熟年型に移行し、保障はかなり少なくなります。


みなさんのも年齢をいろいろ踏まえて、共済ではなく、今の若いうちから終身型の医療保険やがん保険に加入し、定年後の医療保障もしっかり確保できるようにしておくのが安心ではないでしょうか。60歳や65歳までに保険料の払込が終わって、保障は一生涯、という設定もよいかもしれません。
その上で、働いている間は保障を手厚くしておきたいと思えば共済も一つの候補になる、そういう順序でお考えになるのがよいと思います。


今の保険については、終身貯蓄型の保険については、途中解約はあまり得策でないため基本そのままにし、医療保険やがん保険は解約して、よりよいものに入りなおすということをお考えになるとよいと思います(おそらくよりよい医療保険やがん保険があるということです)


ただ、これを実行しても保険料は今とさほど変わりません。むしろ、保障が充実した分保険料が若干上がる、という結果になるかもしれません。
その場合は、終身貯蓄型の保険に手を付けることを考えてもよいかもしれません。
解約や減額、払済保険などの手法を検討して、無理のない範囲で、長く確実に継続できるような保険としてご準備されておくのがいちばんかと思います。


都道府県民共済では!?でした。
ではみなさん、また次回の保険情報でお会いしましょう☆

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| お得な情報の一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。