生命保険in一般的な生命保険と医療保険

一般的な生命保険と医療保険:保険業界に関する最新のイベント情報をお届けします!


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

一般的な生命保険と医療保険

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



みなさんこんにちわ!
今日は、一般的生命保険医療保険についてです!!

一般的生命保険は死亡したときに支払われるものですが、入院や手術したときの給付がされるような「特約」(オプション)もつけることができます。

そして、医療保険は入院や手術に対して保障する保険です。

生命保険生命保険会社が販売していますが、医療保険生命保険会社のほかに損害保険会社が販売しています。

一般的生命保険医療保険についてでした!


~サブプライムとヘッジファンドについて~

サブプライムと、ヘッジファンド、とはまったく別物ですね。
サブプライムは、日本流に言えば貧乏人対象のサラ金、高利貸しです。
値下がりに対して全然、ヘッジなどされていない。値下がりしたらアウト。
そもそも ヘッジファンド、という名称がイカサマではないだろうか。

株式は株価が下がってゼロ、になっても文句の言えないゲーム。情報公開など完全にはできないし、世界の市場が不透明なのは承知で参加しているのだからホリエモンのような人間が出てきても、金返せ~、というのはちょっと考え違いをしていると思う。

素人(オトナ)にわかる解説はないのか。。とおもっていますが、本山美彦や雑誌『世界』12月号の伊東光晴の記事は、70年代末のサブプライム前史から説き起こし、よい記事でした。

監視機関、とはいうけれど、市場にそんなものを完全に設けたら市場にならなくなりますね。情報が不平等に与えられるから買う人売る人がでてくる。神様のようにすべての情報を知りうる人がいないから市場になる。完全に知る、ということは、全員がインサイダーになることだとおもいますが。

本山美彦が強調しているように、問題は、格付け会社(統一監視機関、評価機関が米政府と結託した民間会社によりなされていた。この仕組みはこれからも通用させるのだろうか?)、さらに、ドルという基軸通貨で世界が動いていることではないでしょうか。

いっさい、公的資本注入をしない、場合なにが発生するのかを、どなたか、あるいはどこかでモデリングしていないのでしょうか。トテモ無駄な金だと思う。成功報酬は一部のものが山分けし、失敗したら公的支援。これはモラル破壊です。

以上!
ではまた次回お会いしましょう☆”

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スキルアップの一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。