生命保険inサブプライムローン問題の影響と対策!

サブプライムローン問題の影響と対策!:保険業界に関する最新のイベント情報をお届けします!


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

サブプライムローン問題の影響と対策!

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



続・サブプライムローン問題影響対策

B/S偏重がもたらした愚かだが深刻な騒ぎだと思います。
素人考えですが、キャッシュフローを判断基準にすれば、こんな愚かなことは起こらなかった思います。

資産価値の変動は、キャッシュフローに影響を及ぼしません。
従って、ローンの返済能力に問題のないプライム層は、B/Sは債務超過になったとしても、破綻しません。
転売目的ではなく、住居目的で購入しておれば、大騒ぎすることはありません。

キャッシュフローから判断すれば、サブプライム層を相手に、ローンを組むことはありえません。
破綻するのは当然でしょう。

キャッシュフローが増えているわけでもないのに、住宅価格が高騰したから、浮かれて借金を借り増しし、贅沢な暮らしをした人々もどうかしていると思います。
彼らは、しばらく、緊縮財政を強いられるので、米国の消費は落ち込みます。
これはボディーブローのように効くので、米国の景気はしばらく回復しないでしょう。

これらを見ていると、固定資産の部という当てにならないものが大きな割合を占めるB/Sで決算すること自体が、間違いだという気もします。

~おまけ~

非喫煙者をより少ないリスクと判断する保険会社はごく一部、
なぜならば、喫煙者の煙を吸わされている非喫煙者もあり、
その煙を吸わされている人達のがん罹患率は決して少なくは無い、
そういう学説もある。

リスクに対する判断は保険会社によりまちまち、
薬を飲んでいるだけで保険加入出来ないという会社もある。

以上!!

続・サブプライムローン問題影響対策!でした。

ではまた次回お会いしましょう!^^

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| お得な情報の一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。