生命保険in基本的な知識

基本的な知識:保険業界に関する最新のイベント情報をお届けします!


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

基本的な知識

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



保険って基本的にはその保険を掛ける目的で整理するとわかりやすい面もあります!

①物保険
自分の所有する物が損害受けた時対応する目的の保険。

例:火災保険、動産総合保険、自動車の車両保険等々。
生命保険も自分の生命という自分所有するものへの保険です。
※自分が「被害者」となった時対応で保険料は高い。

②賠償責任保険
他人の身体や財物に危害を加え法的責任を負った場合、その賠償責任に対応。

例:個人賠償責任保険、施設賠償責任保険、自動車の対人&対物保険等々。
※自分が「加害者」となった時対応で保険料は物保険に比べ安い。

③費用保険
①&②などの保険事故に付随して発生する費用に対応。

例:火災の臨時費用、自動車の代車費用、賠償保険の見舞金費用等々。
※基本的に単独で販売されているのでなく、他保険に特約として付保されています。

④貯蓄
その名の通り、貯蓄を目的としてもの。
例:学資保険、年金保険等々。

基本的は①~④で、どの保険もこの4つの組み合わせで販売されています。
また、ほとんどの保険はこの4つに支払保険料を分解できます。
基本的に会社の販売システム(ツール)が同じであればどこの保険会社も①~④の個別目的に対する支払保険料はほとんど差がありません。

加入する目的の優先事項を明確にすれば、支払保険料が高いとか安いとかいう部分も結構クリアになります。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

| スキルアップの一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。