≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

融資の審査と利息についての裏話 キャッシングの秘密とは?

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



融資の審査と利息についての裏話 キャッシングの秘密とは?


実は銀行は、融資の審査基準が厳しい傾向にあると言われているようなんです。

やはり金利が高い反面、銀行よりも審査基準が、消費者金融会社の場合では、銀行の融資に比べて厳しくない傾向にあるともいわれていますよね。

こういった融資サービスで消費者金融会社が提供しているもののすべての金利というのが、銀行と比べて高いというわけではないようなんです。

それはなぜかというと、借り入れ期間や借り入れ金額によっては低い場合もあるのが、金利だからです。

これも場合によっては大手の金融機関などでは、1ヶ月程度の短い期間に限定して、融資を無利息でしているようです。

そこで消費者金融会社のキャッシングサービスを多くの人に利用してもらう為にも、顧客獲得キャンペーンとして位置づけられているのが、現在の状況ですね。

また、これも知っておいて損はないのが、無利息の融資は急にお金が必要になった時などには、大変便利なキャッシングサービスなんです。

そして、借り入れしようとしている融資の金利を見ていないケースも、お金を融資してもらう時、まずは申込み時の審査に通るかどうかを気にするあまり案外多いともいいます。

そして必ず確認しておいたほうがいいと思うのは、金利によって計算される利息は融資の審査を通貨してから、お金を借り入れできたその後、毎月の返済額に加算されるものだからなのです。

消費者金融会社の中には特に、金利の上限を法律で決められたものを超えているようなこともあると聞いたこともあります。

金利は他社のものも調べて比較検討する事がオススメなのは、融資を受ける場合でしょう。

ということで、まとめますと、融資を受ける際は、審査基準や金利などしっかり確認して、損の無い借り入れをするのがいいのではないでしょうか。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

| 就職・転職の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

株式投資の税金について お得な資産運用情報!

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



株式投資の税金について お得な資産運用情報!


個人投資家が増えている株式投資ですが、
株式投資に関する税金の知識は重要なので学んでおかなければいけません。


株で得た利益は必ず税金を納めなければいけません。
株で得た売却益は譲渡所得にあたり申告分離課税の対象になります。


株の税率は源泉徴収率が20%となっています。
ただし譲渡所得が20万円を超えていなければ支払う必要はありません。


譲渡所得とは株だけではなく、
ゴルフの会員券や土地の売却利益も含まるのできちんと計算しましょう。


売上益が20万円を超えている場合でも、
口座開設を特定口座の源泉徴収ありで開設している方は、
会社が支払ってくれているので個人で納税する必要はありません。


特定口座と一般口座では納税の手間が違ってきます。
株の税金を納めるには年間取引報告書を作り、確定申告として税金を納めます。


特定口座の源泉徴収なしの場合は企業が年間取引報告書を作って交付してくれるので
これをもとに確定申告によって納税します。


しかし一般口座の場合は年間取引報告書も確定申告も自分でやらなければなりません。
書類をもとに自分でいちから所得計算を行わなければいけないのです。


一般口座はデメリットしかないように思いがちですが、
メリットもあります。


すべて自己申告なので納税に柔軟性があり、
みなし所得価格の特例が利用できます。


株には譲渡損失の繰越という大変便利な制度があります。
その年に株で損をして翌年の前年損した分の利益がでた場合に
税金を払わなくてよいという制度です。


ですが、自動的に設定されるわけではなくこれる利用するには申請が必要です。
譲渡損失の繰越は3年間有効なので利益がでるか不安な方は利用してみるのもよいでしょう。


納税は国民の三大義務なの利益をだしたらきちんと税金を納めましょう。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| 就職・転職の一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。