≫ EDIT

スポンサーサイト

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。

| スポンサー広告の一覧 | 生命保険ちゃんねる

≫ EDIT

生命保険と相続税について

スポンサードリンク


生命保険ちゃんねるがお届けする今回のイベントはコチラ↓



生命保険と相続税について


親所有の土地は相続財産です。
しかし、親が保険料を払い、死亡した後に受取人の子供が得た保険金は相続財産ではなく、その受け取った子供の固有の財産とされます。
したがって、相続放棄をしている状態でも保険金を受け取ることには、なんら問題はありません。


また、親が死亡したときに「大した資産はないな」と思っていても相続税がかかることがあり、これは故人の残した財産が基礎控除額を超えるとかかるものです。
50+10×(法定相続人数) 単位:100万円 であり、配偶者と子供1人の場合は7000万円の相続税がかかることになります。


この相続税を生命保険で納税対策できる例も存在します。
故相続人が生命保険に加入し、受取人を相続人にしておけば死亡保険金が入り、相続税が支払えるというものです。
しかし、注意すべきことは定期保険、定期付終身保険、年金保険は相続時に保険金が支払われません。そのため、相続税の納税対策にはなり得ません。


そのほかにも退職手当を利用した対策もあり、故人の勤務先より死亡退職金を相続人が受け取った場合に相続財産となり、納付資金になるということです。
生命保険では500万円に法定相続人の数を乗じた金額は相続税がかからないことになっていますが、これは退職手当金にも言えることなのです。
また、主に会社員が死亡退職金をもらうのが多いですが、故人が事業を営んでいるというような場合には特に活用できるといえます。


故人が会社経営者だった場合、以下のようなことをしておけば非課税限度額を利用することができ、相続税の法律上会社に対する保険金は故人に対して出されたと扱われ、生命保険金の非課税限度額を利用することが可能です。
「会社経営者(故人)を受取人を会社とした生命保険に加入」、「相続開始時に会社に保険金が入りますので、買い亜社から相続人に対し、死亡保険の支給をします」、「相続人による相続税の申告をします」この3つです。
以上を行えば、退職手当金の非課税限度額を利用できます。


このように、親が死ぬのはまだ先だと思っていても、急に税金の問題などがのしかかってきます。
目安としては自分が50代になったことや、子供が成人したのをきっかけにすると良いでしょう。

生命保険ちゃんねるは、生命保険・医療保険・火災保険・地震保険・介護保険・雇用保険・損害保険・自賠責保険・任意保険...などなどさまざまな保険に関する最新情報をお届けしていきたいと思います。

ご意見、ご感想などございましたら気軽にメールください!
相互リンクも大募集中です!
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

| 就職・転職の一覧 | 生命保険ちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。